花咲舞が黙ってないモデルの銀行は?元ネタになったのはどこ?

当ページのリンクには広告が含まれています。

人気ドラマ「花咲舞が黙ってない」の新シリーズが放送中ですね。

主人公はじめ、キャストが大きく変わった新体制の花咲舞も痛快で面白いと評判高いです。

花咲舞シリーズといえば銀行が舞台となっていますが、モデルになった銀行はあるのでしょうか。

花咲舞が黙ってないの東京第一銀行のモデルの銀行は?

元ネタとなる銀行があるのか調べてみると、東京第一銀行のモデルとなる銀行はなく、架空の銀行とされています。

それでも、参考になった銀行やエピソードはないのか気になりますね。

ここでは、花咲舞が黙ってないの銀行のモデルやロケ地などをまとめて紹介します。

こんな人におススメ
  • 花咲舞が黙ってない銀行のモデルは?
  • 花咲舞が黙ってない東京第一銀行の元ネタは?
  • 花咲舞が黙ってない銀行のロケ地
楽天ブックス
¥1,056 (2024/05/11 14:20時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
目次

花咲舞が黙ってない銀行のモデルは?

花咲舞が黙ってないで登場する銀行のモデルはあるのでしょうか。

東京第一銀行のモデルはある?

東京第一銀行は架空の銀行

ドラマで登場する東京第一銀行は架空の銀行であり、モデルとされた銀行はありません。

このドラマは池井戸潤の小説をもとに描かれていますが、原作小説でもモデルとされた銀行はなく、シリーズ全体で架空の銀行が描かれています。

ドラマを観る限り、メガバンクのようなイメージが強いですよね。

直接的にモデルとなった銀行はありませんが、大手銀行をイメージした作品なのだと思われます。

花咲舞シリーズで参考にされた銀行は?

花咲舞が黙ってないシリーズでは銀行が舞台とされていますが、シリーズ全体でも元ネタとなる銀行はありません。

原作者の池井戸潤は銀行勤務の経験があるため、元銀行員として行内事情に詳しい

池井戸潤は慶応義塾大学を卒業後、7年間銀行勤務を経験しています。

その経験から銀行の行内事情に詳しいのでしょう。

元行員としての経験をいかして金融界や企業を舞台にした作品を執筆しています。

代表作には、半沢直樹や陸王、民王などの大ヒット作があげられます。

架空の銀行でモデルはないとはいえ、元銀行員が執筆していることから、リアリティがある作品に仕上がっているといえるでしょう。

花咲舞が黙ってない銀行ロケ地は?

花咲舞が黙ってないの銀行シーンは、主に都内で撮影されています。

ロケでは銀行は使用されていませんが、実在する銀行のようにリアルな描かれ方をしています。

東京第一銀行の撮影場所はどこ?

ドラマ「花咲舞が黙ってない」で描かれる東京第一銀行の本部のロケ地は、

  • 日本橋室町三井本館
  • 神田錦町学士会館
  • 田町グランパークカンファレンス
  • 西新宿住友不動産新宿グランドタワー
  • 横浜みなとみらいグランセントラルタワー
  • 川崎市役所本庁舎復元棟

などがあげられます。

これらの場所は、ドラマの中で東京第一銀行のさまざまなシーンの撮影に使われています。

まとめ

この記事では、花咲舞が黙ってないドラマの銀行のモデルやロケ地についてご紹介しました。

花咲舞が黙ってないシリーズではモデルとなる銀行はなく、架空の銀行が描かれています。

元ネタとされる銀行はありませんが、原作の池井戸潤が元銀行員であることから、リアリティのある描写が特徴となる本作品。

ロケ地も銀行は使われていないにも関わらず、実在する銀行のようにリアルな世界観を感じられます。

花咲舞が黙ってないでのエピソードも、実際に起こりうる事案なのかもしれませんね。

今後もドラマから目が離せません…!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次