MENU

院内警察は本当にあるの?実在の院内交番とドラマを比較!違いは?

桐谷健太主演の「院内警察」。これは実在するのでしょうか?

聞き慣れない言葉だなと思ってる方も沢山いるのではないでしょうか?

桐谷健太みたいなかっこいい人が常駐していたら毎日でも通いたいですよね(^^)

実際の病院にはどのような警備体制があるのでしょう?

筆者もMRをしており仕事関係で病院に毎日通ってました。

インフォームドコンセント(患者や参加者に対して情報を提供し、理解した上で同意を得ること)の際に納得出来ず暴れる人を見たことがあります(^.^;

院内警察はどんな仕事をしているのか?

そしてドラマとの違いはあるのでしょうか?

本記事では、実在の院内交番とドラマで描かれる院内警察の違いや、本当にあるのか?探ってみたいと思います。

この記事で分かること
  • 院内警察は実在するのか
  • 院内警察の仕事内容
  • 院内警察ドラマと現実の違いを比較
目次

院内警察は本当にある?

院内警察は実際に存在します

一般的には「院内交番」とも呼ばれ、病院内の警備や安全管理を担当する組織です。

院内警察があるのはどんな病院?

大規模な病院や都市部の病院に設置されており、警察官OBや警備員が配置されている

院内交番の役割は、病院内の安全確保や緊急時の対応です。

警察官OBや警備員が巡回やパトロールを行い、病院内外の安全を守るための活動を行います。

また、病院内で発生するトラブルや緊急事態にも迅速に対応するために配置されています。

ただし、院内交番の規模や活動内容は病院によって異なる場合があります。一部の病院では、専門的な訓練を受けた警察官や警備員が配置され、より高度な警備業務や緊急対応が行われることもあります。

病院内の安全確保は重要な課題であり、患者や来院者の安全を守るために院内交番が存在しています。

院内警察や院内交番は、病院内の安全を支える重要な役割を果たしており、なくてはならない存在です。

院内警察の仕事内容は?

現実の院内警察の仕事内容をご紹介します。

1. 病院内の巡回・パトロール

院内警察は病院内を巡回し、安全・治安の維持を行います。

不審者の取り締まりや異常な行動をする人物の監視、セキュリティシステムの確認などを行う

2. 病院施設の警備

院内警察は病院の重要施設やエリアを警備します。

入口や出口の管理、救急車の誘導、駐車場の監視などを行い、病院内外の安全を確保します。

3. 緊急事態対応

院内警察は緊急事態に対応するための訓練を受けています。

火災や地震などの災害発生時には、適切な対応を行い、病院内の安全を確保します。

また、危険な患者や暴力的な行動を取る人物への対応を行っている

4. 患者や来院者へのサポート

院内警察は病院内で困っている患者や来院者に対してサポートを行います。

迷子の子供や高齢者の保護、貴重品の紛失時の対応など、安心して病院を利用できる環境を提供します。

5. 警察機関との連携

院内警察は必要に応じて地方警察と連携し、事件や緊急事態の対応を行います。

必要に応じて逮捕・身柄の引き渡しを行ったり、警察の捜査に協力したりすることもある

これらの仕事内容を通じて、院内警察は病院内の安全と治安を確保し、患者や来院者の安心・安全を守る役割を果たしています。

院内警察はU-NEXTで配信中!!

U-NEXTは1ヶ月の無料トライアルを実施しています。

U-NEXTなら…

  • 29万本以上が見放題!
  • 最新のレンタル作品も多数配信!
  • 動画以外に雑誌や漫画などの書籍も充実!
  • 毎月1,200ポイントのプレゼント受け取りでレンタル作品や漫画購入が実質無料に!

無料のお試しだけで解約も可能です◎

\\31日間無料トライアル実施中!//

U-NEXTの作品をチェックする

トライアル中の解約で月額0円でお試し!お得に映画やドラマをお楽しみいただけます♪

院内警察ドラマと現実の違いを比較

院内警察ドラマと現実の院内警察の違いを比較すると、以下のような点が挙げられます

1. 任務の範囲

院内警察ドラマでは、ドラマのストーリーに合わせて様々な事件やトラブルに対応する場面が描かれることがあります。

一方、現実の院内警察は、主に施設内の安全と秩序を維持するための活動に従事している

2. 権限と装備

院内警察ドラマでは、主人公たちが一般的な警察官と同様の権限や装備を持っていることがあります。

しかし、現実の院内警察は、警察OBが殆どで権限や装備は殆ど持ってなく、桐谷さんのような若い人も少ないみたいです(^.^;

3.役割の違い

院内警察ドラマでは、主人公たちが一人で事件解決に取り組むことが多いですが、現実の院内警察は、他の医療スタッフやセキュリティスタッフと連携して業務を行います。

院内警察は、医療機関全体の安全を確保するために活動しています。

ドラマはエンターテイメントの一環としてフィクションの要素が強く、現実の院内警察の活動とは異なる描写がされることがあります。

毎回事件があったら病院は大混乱ですよね(^.^;

現実の院内警察は、病院内の安全と秩序を守るために活動しており、警察組織との連携や協力が重要な役割を果たします。

まとめ

院内警察は実際に存在し、病院内の安全確保と治安維持を担当しています。

一般的には「院内交番」と呼ばれ、警察官OBや警備員が配置されています。

院内警察の役割は、病院内の巡回・パトロール、警備、緊急事態対応、患者や来院者へのサポートなどです。

任務の範囲、権限と装備など違いはありますが、ドラマを通じて院内警察の存在や役割について知るきっかけとなりそうです。

今後ますます目の離せない「院内警察」是非楽しみましょう(^^)

お付き合いありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次